ジュリーの建物探訪記

マンションや一戸建て、土地などの不動産売却をお考えの方は全国にある店舗ネットワークを利用できる「三井住友トラスト不動産」に相談してみませんか。不動産の査定は無料です。

居住用不動産、相続不動産、遊休地、投資用や事業用不動産などの売却や資産活用などをお考えなら、査定はもちろん売却相談&買替相談がすべて無料の三井住友トラスト不動産がおすすめです。こちらは不動産売却WEBサイトでは一押しですからご覧ください。

現在住んでいる住宅がいくらで売れるのか知りたい方は無料査定、不動産を売りたい方は売却相談、住み替えをお考えの方は買い替え相談からスタートしましょう。こちらのWEBサイトから目的にあった相談が可能です。

お近くの三井住友トラスト不動産の店舗で相談したい方は、店舗一覧から 首都圏・中部・近畿・中国・九州の全国ネットワーク情報をチェックしましょう。物件の種類(マンション・一戸建て・土地)から都道府県、市区郡を選択すれば簡単に売り出し事例の相場を調べることができます。

三井住友トラスト不動産なら資金計画からサポートしてもらえるので不動産売買が初めての方も安心して相談できます。不動産相続の悩みを抱えているシニア世代の方は専門家のアドバイスを受けてみましょう。

賃貸物件に入居をする場合、初期費用で敷金を支払う物件がほとんどです。時に敷金なしでOKという物件もありますが、その後部屋を修復する際にどうしても費用が必要になります。その際に敷金を支払っていないと、実費でその後支払わなくてはならないのです。

でも、敷金を支払っているからといって安心してはいけません。敷金を修復費として当てて、残りは敷金を返してもらえる、というのが通常の契約です。退去をするときに、想像以上に敷金を取られてしまった、それほど修復が必要となる状態ではないはずなのに…というトラブルが実は増えています。敷金を多く返してもらうためにも、退去時の確認は怠ってはいけません。一度納得をしてサインをしてしまえば、その後おかしいといっても、もうサインをしたのだからと取り合ってくれなくなるかもしれませんので、必ず納得するまではサインをしないようにしてください。

特に、退去時に原状回復をするために部屋を調べることとなりますが、入居者も一緒に立会いをするのが理想です。お任せしてしまうと不当な金額を取られる可能性がありますので、忙しくても立会いを極力してください。

敷金をできるだけ多く返してもらうために…出来る限りのことはしましょう。