ジュリーの建物探訪記

賃貸物件に入居をする場合、初期費用で敷金を支払う物件がほとんどです。時に敷金なしでOKという物件もありますが、その後部屋を修復する際にどうしても費用が必要になります。その際に敷金を支払っていないと、実費でその後支払わなくてはならないのです。

でも、敷金を支払っているからといって安心してはいけません。敷金を修復費として当てて、残りは敷金を返してもらえる、というのが通常の契約です。退去をするときに、想像以上に敷金を取られてしまった、それほど修復が必要となる状態ではないはずなのに…というトラブルが実は増えています。敷金を多く返してもらうためにも、退去時の確認は怠ってはいけません。一度納得をしてサインをしてしまえば、その後おかしいといっても、もうサインをしたのだからと取り合ってくれなくなるかもしれませんので、必ず納得するまではサインをしないようにしてください。

特に、退去時に原状回復をするために部屋を調べることとなりますが、入居者も一緒に立会いをするのが理想です。お任せしてしまうと不当な金額を取られる可能性がありますので、忙しくても立会いを極力してください。

敷金をできるだけ多く返してもらうために…出来る限りのことはしましょう。